Skip to main content

Isaiah 53:3-5 followed by Ephesians 1:3-7

To be read meditatively.

He is despised and rejected of men; a man of sorrows, and acquainted with grief: and we hid as it were our faces from him; he was despised, and we esteemed him not. Surely he hath borne our griefs, and carried our sorrows: yet we did esteem him stricken, smitten of God, and afflicted.But he was wounded for our transgressions, he was bruised for our iniquities: the chastisement of our peace was upon him; and with his stripes we are healed. Blessed be the God and Father of our Lord Jesus Christ, who hath blessed us with all spiritual blessings in heavenly places in Christ: According as he hath chosen us in him before the foundation of the world, that we should be holy and without blame before him in love: having predestinated us unto the adoption of children by Jesus Christ to himself, according to the good pleasure of his will,to the praise of the glory of his grace, wherein he hath made us accepted in the beloved.In whom we have redemption through his blood, the forgiveness of sins, according to the riches of his grace.

Méprisé et abandonné des hommes, homme de douleur et habitué à la souffrance, semblable à celui dont on détourne le visage, nous l'avons dédaigné, nous n'avons fait de lui aucun cas. Cependant, ce sont nos souffrances qu'il a portées, c'est de nos douleurs qu'il s'est chargé; et nous l'avons considéré comme puni, frappé de Dieu, et humilié. Mais il était blessé pour nos péchés, brisé pour nos iniquités; le châtiment qui nous donne la paix est tombé sur lui, et c'est par ses meurtrissures que nous sommes guéris. Béni soit Dieu, le Père de notre Seigneur Jésus Christ, qui nous a bénis de toute sortes de bénédictions spirituelles dans les lieux célestes en Christ! En lui Dieu nous a élus avant la fondation du monde, pour que nous soyons saints et irrépréhensibles devant lui, nous ayant prédestinés dans son amour à être ses enfants d'adoption par Jésus Christ, selon le bon plaisir de sa volonté, à la louange de la gloire de sa grâce qu'il nous a accordée en son bien-aimé. En lui nous avons la rédemption par son sang, la rémission des péchés, selon la richesse de sa grâce.

Despreciado y rechazado por los hombres, varón de dolores, hecho para el sufrimiento. Todos evitaban mirarlo; fue despreciado, y no lo estimamos. Ciertamente él cargó con nuestras enfermedades y soportó nuestros dolores, pero nosotros lo consideramos herido, golpeado por Dios, y humillado. Él fue traspasado por nuestras rebeliones, y molido por nuestras iniquidades; sobre él recayó el castigo, precio de nuestra paz, y gracias a sus heridas fuimos sanados. Alabado sea Dios, Padre de nuestro Señor Jesucristo, que nos ha bendecido en las regiones celestiales con toda bendición espiritual en Cristo. Dios nos escogió en él antes de la creación del mundo, para que seamos santos y sin mancha delante de él. En amor nos predestinó para ser adoptados como hijos suyos por medio de Jesucristo, según el buen propósito de su voluntad, para alabanza de su gloriosa gracia, que nos concedió en su Amado. En él tenemos la redención mediante su sangre, el perdón de nuestros pecados, conforme a las riquezas de [su] gracia.

私たちは彼をさげすみ、のけ者にしました。彼は悲しみの人、人生の苦しみをなめ尽くした人でした。 私たちは彼に背き、そばを通ってもそっぽを向きました。 彼が侮られても、そ知らぬふりをしていました。ところが、彼が背負い込んだのは、実は私たちの悲しみであり、彼を押しつぶしたのは、私たちの嘆きでした。 私たちは、彼がそんなに苦しむのは、罪を犯して神様に罰せられているからだと考えていました。しかし実際は、私たちの罪のために傷つき、血を流したのです。 彼は私たちに平安を与えようとして、進んで懲らしめを受けました。彼がむち打たれたので、私たちはいやされました。さて、主イエス・キリストの父なる神を、どのようにほめたたえたらよいでしょう。 神様は、天上のあらゆる祝福で、私たちを祝福してくださいました。 それは、私たちがキリスト様のものとなっているからです。神様は、この世界をお造りになる前から、私たちを、ご自分のものとして選んでくださいました。 それは、キリスト様が私たちのためにしてくださることに、基づいています。 そして、神様は私たちを、ご自分の目から見て、何一つ欠点のない、きよい者にしようとお定めになりました。 神様の前に立つ私たちは、その愛に包まれているのです。神様の不変の計画とは、イエス・キリストを遣わし、その死によって、私たちを神様の家族の一員として迎えることでした。 それが、神様のお考えでした。神様こそ、いっさいの賞賛を受けるべきお方です。 神様は、驚くばかりの恵みと愛とを、豊かに注いでくださったのです。 それは、私たちが、神様の最愛のひとり息子につながる者となったからです。神の子の血を流してまで、私たちの罪を帳消しにしてくださるほど、神様の愛は大きいのです。 この神の子によって、私たちは救われました。神様は、豊かな恵みを、あふれるほど注いでくださいました。

Comments

Popular posts from this blog

Movie Review: A Better Life - Part 2

This is the second part of a two-part review of A Better Life. The first part dealt more with the background issue of illegal immigration, whereas this part focuses more on the movie itself.

In the movie, neither the undocumented immigrants (representative of all the undocumented, but particularly those with upright motives) nor the police (representative of the legal system, including courts, prisons, and immigration) is entirely at fault. Both are stuck in an imperfect, human system.

The viewer is led to sympathize with the undocumented man, an honest landscaper who wants nothing but to work hard so that his one son can have a better life. He’s away from home; his wife left him when his son was little; he has next to nothing; when he does acquire something (a lawn business and pickup with equipment) it gets stolen from him. And yet, the movie does not excuse what he does wrong nor does it try to show him as a man victimized and ruined by the consequences of his actions.

Apart fr…

教会に影響を与えるために神様が用いる人々の九つの特徴

Read this in English.

これらの9つの特性は、アンドルーボナーから来る。説教でそれらを議論する私の牧師を聞きながら、コピーしたので、ボナーの何本から来たのは覚えていません。これらはクリスチャンに対してとても大事の本質ではないでしょうか。

教会に影響を与えるために神様が用いる人々は次の特徴がある...

1.まじめな人
2.成功を目標する人
3.信仰を持つ人
4.勤勉な人
5.忍耐強い人
6.大胆な人
7.祈る人
8.強力な教義の人
9.深くに清新な人

黒澤監督の『隠し砦の三悪人』

今週初めて黒澤明の『隠し砦の三悪人』という映画を見ました。この三悪人とは、だれですか? 三船敏郎が演じる真壁六郎太(まかべろくたろう)と二人の百姓です。この3人の登場人物の関係はとても面白くて、全ての人間の弱さも愛される性質も示します。

最後の場面で、二人の百姓、太平(千秋実)と又七(藤原釜足)、姫と真壁からもらった金1枚をどうやって分けるかと黙っていて、太平は又七に任そうとしていても又七は断ります。いつもケンカしているこの二人は、後で再びケンカしてしまうと思われますけれども、取りあえずまた仲良くなって幸いです。