Skip to main content

五月病? May Sickness?

五月病か? 五月になってある人が本当に憂うつな気分になるのか? もちろん文化的なことだと思います。なぜなら西洋学期は大抵5月か6月に終わりますが、日本でゴールデンウィークのすぐ後に学期が始まってちょっと大変か もしれません。それにもかかわらず、5月は素晴らしい月ですよ。理由を申し上げます:

  • もし温帯に住めば(少なくとも中部地方)、5月になるととてもうららかな天気です。
  • 3月か4月が花見の一番繁盛 する季節であっても、5月になると夏の暖かさでもっと桜を楽しめるのです。
  • 花見があまり好きではなくて も、5月に咲く花は美しいです。
  • 5月は起源の月です。夏の始 まりです。そして日本では、新しい学期が始まったばかり、また仕事に戻ったばかりでこれから成功できると考えるべきではないでしょうか。
  • 私の誕生日は5月にありま す。

いわゆる五月病や何のらい病でもを忘れて、5月を楽しんでください。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
The so-called "May Sickness" (go-gatsu-byo) is a uniquely Japanese "disorder"--one from which I have never suffered. It is interesting how you can attach the word "byo" (病; sickness) to anything to make it into a disorder. But I love May. Having always lived in the temperate regions of the northern hemisphere (Nagoya City in Japan and South Carolina in the U.S.), I see May as the month when things just start to warm up, and I love the summer, even more so now that my Mexican wife, who prefers the tropics, has to suffer through the 20- to 35-degree winters of the Carolinas. May is a month of beginnings, warmth, excitement, summer, and even birth (my birthday, at least).

Comments

Popular posts from this blog

教会に影響を与えるために神様が用いる人々の九つの特徴

Read this in English.

これらの9つの特性は、アンドルーボナーから来る。説教でそれらを議論する私の牧師を聞きながら、コピーしたので、ボナーの何本から来たのは覚えていません。これらはクリスチャンに対してとても大事の本質ではないでしょうか。

教会に影響を与えるために神様が用いる人々は次の特徴がある...

1.まじめな人
2.成功を目標する人
3.信仰を持つ人
4.勤勉な人
5.忍耐強い人
6.大胆な人
7.祈る人
8.強力な教義の人
9.深くに清新な人

黒澤監督の『隠し砦の三悪人』

今週初めて黒澤明の『隠し砦の三悪人』という映画を見ました。この三悪人とは、だれですか? 三船敏郎が演じる真壁六郎太(まかべろくたろう)と二人の百姓です。この3人の登場人物の関係はとても面白くて、全ての人間の弱さも愛される性質も示します。

最後の場面で、二人の百姓、太平(千秋実)と又七(藤原釜足)、姫と真壁からもらった金1枚をどうやって分けるかと黙っていて、太平は又七に任そうとしていても又七は断ります。いつもケンカしているこの二人は、後で再びケンカしてしまうと思われますけれども、取りあえずまた仲良くなって幸いです。

Children's Brains Miniseries: Age and Wisdom

Elihu, in Job 32:7, had a good thought: "I thought, 'Age should speak;  advanced years should teach wisdom.'"

According to recent research, as reported by ScienceDaily, wisdom truly is an advantage gained by age. Notice the first sentence of the second paragraph--it gives the definition of wisdom in the study. Wisdom here is basically experience. That is not a bad definition, though wisdom is a difficult word to pin down. And biblical wisdom is certainly more than mere experience.