Monday, May 16, 2011

五月病? May Sickness?

五月病か? 五月になってある人が本当に憂うつな気分になるのか? もちろん文化的なことだと思います。なぜなら西洋学期は大抵5月か6月に終わりますが、日本でゴールデンウィークのすぐ後に学期が始まってちょっと大変か もしれません。それにもかかわらず、5月は素晴らしい月ですよ。理由を申し上げます:

  • もし温帯に住めば(少なくとも中部地方)、5月になるととてもうららかな天気です。
  • 3月か4月が花見の一番繁盛 する季節であっても、5月になると夏の暖かさでもっと桜を楽しめるのです。
  • 花見があまり好きではなくて も、5月に咲く花は美しいです。
  • 5月は起源の月です。夏の始 まりです。そして日本では、新しい学期が始まったばかり、また仕事に戻ったばかりでこれから成功できると考えるべきではないでしょうか。
  • 私の誕生日は5月にありま す。

いわゆる五月病や何のらい病でもを忘れて、5月を楽しんでください。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
The so-called "May Sickness" (go-gatsu-byo) is a uniquely Japanese "disorder"--one from which I have never suffered. It is interesting how you can attach the word "byo" (病; sickness) to anything to make it into a disorder. But I love May. Having always lived in the temperate regions of the northern hemisphere (Nagoya City in Japan and South Carolina in the U.S.), I see May as the month when things just start to warm up, and I love the summer, even more so now that my Mexican wife, who prefers the tropics, has to suffer through the 20- to 35-degree winters of the Carolinas. May is a month of beginnings, warmth, excitement, summer, and even birth (my birthday, at least).

No comments:

Post a Comment