Skip to main content

Diacritics in (Romanized) Japanese

最近編集者の友達が「鯉のぼり」という言葉をどういうふうに英語で書くのと質問がありました。発音区別記号 (いわゆるダイアクリティカルマーク) を使う必要があるかどうか尋ねました。ダイヤクリティカルマークはいらなくて、koinoboriと書いたほうがよいと彼に答えました。

特に日本語については発音を区別するマークが面白いことですね。もちろん日本語には別にありませんが、もしローマ字を使えば日本語の発音を明らかにするためにダイヤクリティカルマークが付される可能性があります。でも英語で日本語の単語を書くとアメリカ人は英語の発音で言いがちだと思います。それよりもローマ字は大嫌いで、日本語を教えるために初めからひらがなとかたかなだけを使ったらよいではないかと思っております。

多くの日本人がカタカナ化という大変化を見て、とても残念なことだと言いますけれども、カタカナ化は普通の言語変化ではないでしょうか。それに比べると、ローマ字は全然関連しません。日本人は普段ローマ字を使っていません。パソコンや携帯電話を使うためにある意味でローマ字を使いますが、読むのはひらがな、かたかな、漢字しかありません。ですから、外国人に日本語を教えるためにローマ字を使わない方がよいです。皆さんはどう思いますか?
----------------------------------------------------------------------------------------------------
An editor friend recently asked me how to write out a transliterated Japanese word in English and whether to include the diacritics. The word he asked me about was koinobori, and I said he could just write it as one word and skip the diacritics.

Please feel free to disagree in the comments, but I see little point to diacritics. English speakers are going to figure out their own pronunciation for words such as koinobori, karaoke, and kamikaze. Besides, do most people even understand what sound diacritics are supposed to represent? Of course, one might argue that in teaching Japanese diacritics are essential, but that assumes that teaching with romaji, transliterated Japanese, is a good idea. I think it's a terrible idea.

Comments

Popular posts from this blog

Movie Review: A Better Life - Part 2

This is the second part of a two-part review of A Better Life. The first part dealt more with the background issue of illegal immigration, whereas this part focuses more on the movie itself.

In the movie, neither the undocumented immigrants (representative of all the undocumented, but particularly those with upright motives) nor the police (representative of the legal system, including courts, prisons, and immigration) is entirely at fault. Both are stuck in an imperfect, human system.

The viewer is led to sympathize with the undocumented man, an honest landscaper who wants nothing but to work hard so that his one son can have a better life. He’s away from home; his wife left him when his son was little; he has next to nothing; when he does acquire something (a lawn business and pickup with equipment) it gets stolen from him. And yet, the movie does not excuse what he does wrong nor does it try to show him as a man victimized and ruined by the consequences of his actions.

Apart fr…

教会に影響を与えるために神様が用いる人々の九つの特徴

Read this in English.

これらの9つの特性は、アンドルーボナーから来る。説教でそれらを議論する私の牧師を聞きながら、コピーしたので、ボナーの何本から来たのは覚えていません。これらはクリスチャンに対してとても大事の本質ではないでしょうか。

教会に影響を与えるために神様が用いる人々は次の特徴がある...

1.まじめな人
2.成功を目標する人
3.信仰を持つ人
4.勤勉な人
5.忍耐強い人
6.大胆な人
7.祈る人
8.強力な教義の人
9.深くに清新な人

黒澤監督の『隠し砦の三悪人』

今週初めて黒澤明の『隠し砦の三悪人』という映画を見ました。この三悪人とは、だれですか? 三船敏郎が演じる真壁六郎太(まかべろくたろう)と二人の百姓です。この3人の登場人物の関係はとても面白くて、全ての人間の弱さも愛される性質も示します。

最後の場面で、二人の百姓、太平(千秋実)と又七(藤原釜足)、姫と真壁からもらった金1枚をどうやって分けるかと黙っていて、太平は又七に任そうとしていても又七は断ります。いつもケンカしているこの二人は、後で再びケンカしてしまうと思われますけれども、取りあえずまた仲良くなって幸いです。